無料登録しなきゃ損?!恋愛占いのディステニー

30代独身女性のあるある10選|どんな特徴がある?

今回は、30代で独身の女性に見られる特徴・あるあるについてご紹介していきます!

本記事の内容
  • 30代独身女性のあるある

執筆者情報

記事の中でご紹介しているマッチングアプリはこちらから=>crossme

記事の中でご紹介している結婚相談所はこちらから=>naco-do

ではさっそく内容に入っていきましょう!

目次

30代独身女性のあるある・特徴

老後まで一人かも、と心配になりだす

20代の間、仕事に恋愛に遊びに色々アクティブに過ごしていたら、あっという間に30になってしまった。

そうなると、心のどこかに急に結婚できないでこのままずっと一人なのかなって不安になりますよね。

20代の頃は全く考えなかった老後の生活など、色々な事が頭を巡り、なかなか寝付けないなんて事も。

結婚して子供を産んで、という幸せを追うのか、それとも今の仕事をもっと頑張って仕事に生きるのか。

その選択を迫られているような気持ちに、30代の独身女性はみんな悩まされています。

結婚に焦りを感じ出す

30代で独身という言葉の響きが、結婚に対して焦りを感じさせるようになってきますね。

今までは付き合っていた彼氏となんだかんだ結婚にならなかったけど、次付き合う彼氏とは絶対結婚しないと!

なんて思うと、中々次の彼氏を決めきれなかったり。今までよりも結婚に対して前向きな男性を探すようになります。

焦っても良いことは無いとは分かりながらも、出会いを探しに行かないのも良くないので、慣れないマッチングアプリや結婚相談所に登録する人も増えてきます。

確かに40代になると、マッチングアプリに登録している人の数が一気に減るので、30代のうちに動き出すのは良い事です。

30代の女性におすすめの結婚相談所・マッチングアプリ

CROSSME

30代におすすめのマッチングアプリはcrossmeです。女性は全ての機能を完全に無料で使えます。結婚を前提に利用している人も他のアプリに比べて多い印象です。

また、結婚相談所で探している人は、入会金・初期費用・成婚料は0円!月額4,000〜9,800円で利用できるスマホの結婚相談所【naco-do】が今一番良いです。コスパが他を圧倒しています。婚活市場もかなり新しい風が吹いてきていますね。

親の介護が心配になる

30代の独身女性は、みんな親の介護に対しての不安を感じています。

特に一人っ子の場合は、両親二人とも自分が面倒を見なければなりませんから、相当心配ですよね。

親の年金だけでは、老人ホームに二人とも入れられるほどのお金はないし、自分が介護するにしても現実的に難しいし。

介護は30代〜40代になるとかなり現実的な課題になってきます。みんな不安に思うのも仕方ないですね。

友達の子供の成長に驚愕する

30代になると、若い頃に子供を産んでいる友達の子供はもう小学生になってるなんて事も。

あんなに小さな赤ちゃんだった子が小学生になっているのを見ると、時間の経過に驚愕しますよね。

自分も同じだけ歳をとっていることが信じられません。

また、子供の可愛さが身に沁みる時期でもあります。自分も子供が欲しいなと思ったら、そろそろ本気で出会いを見つけよっかなというきっかけにもなりますよね。

老後の資産を計算する

30代になり独身だと、今後一生独り身だった時のために老後の資産を計算する事もあるあるですね。

老後に貯金が4000万円はないと長生きした時は困るなんて言われる時代ですから、やはりみんな頭で色々計算します。

今の会社の給料を考えると、そんなに貯金できないな〜なんて思っている人が多いですよね。

なんかもうイケメンじゃなくても良いからお金持ちと結婚したい!という気持ちになります。

推しにお金を使いすぎる

30代の独身女性は、自分で稼いだお金を自分の好きな事に使えるので、推しに貢ぎがちです。

特に、男性アイドルグループにハマってしまうと、休日は遠方のライブに参戦し、グッズを大量購入。なんて事もあります。

また、2次元にハマっている人は、一日中アニメを見たり、聖地巡礼をしたりと、シングルライフだからこその趣味を満喫していますね。

彼氏ができたり、結婚したらもう今と同じ温度で続けることは難しいですから、今のうちにと思っている人も多いです。

アイドルや2次元にハマりすぎると、現実世界の男性に魅力を感じなくなる傾向にあるので、ハマり過ぎには注意です!

メイクやファッションが雑になる

30代まで独身だと、新しい出会いも減って、あまり周りの男性の目線を気にしなくなります。

そのため、仕事などに行くときは少しメイクに手を抜いたり、ファッションが雑になりがち。

20代の頃は毎日しっかりとメイクをして可愛いオフィスカジュアルに身を包んでいたけど、そのうちそんなこだわりは無くなりますよね。

仕事さえ支障なくできればOK。職場の男性にこびを得る必要もなくなり、かなり気楽な気持ちで仕事はできています。

ただ、新しい出会いはいつ何時訪れるかは分かりませんので、手を抜きすぎるのも考えものです!

料理や家事のクオリティが極まる

一人暮らしが長くなると、健康や出費のことを考えると、やはり自炊する回数が多くなります。

30代にもなると、もう毎日やっている家事や料理のクオリティが頂点に達します。

とにかく簡単にできて、健康的で美味しいという完璧な食事をあっという間に作れます。

また、洗濯物を干す場所、皿を洗うタイミング、掃除のルーティーンなどが完全に確立します。

そのため、一切のムダなく日常生活を送る事ができます。結婚すると、自分以外の家事も増えるので、あまりメリットを感じないという人も多くなってきます。

独身の女友達と異常に仲良くなる

お互いに境遇の似た独身の女友達との仲が異常に深まります。

もう結婚している友達とは、たまに会っても、家族や子供の話を聞かされるので、あまり楽しくありません。

独身女子同士であれば、お互いに思っていることを本音で語り合い、共感し合えるので、どんどん仲がよくなり、一緒にいる時間が増えますね。

ただ、独身を30代までしている者同士が集まるので、中々新しい出会いを探しに行くなど、恋愛方向の動きは鈍めです。

意を決して二人で相席ラウンジに行ってみるのも面白いかもしれませんね。

奢る回数の方が多くなる

20代の時は、年上の男性に奢られる毎日を過ごしてきましたが、徐々に奢られる側から、奢る側になってくるのが30代です。

年下の後輩とご飯に行くと、どうしても少し多く払ったり、奢る流れになります。

30代にもなると、中々上司と一緒にランチに行く機会も減り、後輩とランチに行く回数が増えてきます。

お金は結構貯まっているから、そんなに気にはなりません。ただ時々、先輩や男性に奢ってもらうと、それだけでちょっとキュンとしてしまうかも。

まとめ

ここまで、30代の女性あるあるを10個ご紹介してきました。いくつか共感して頂けた項目はあったでしょうか。

もう独身の30代女性を卒業したい!という方は、こちらの記事が参考になりますので、チェックしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる