無料登録しなきゃ損?!恋愛占いのディステニー

マッチングアプリでドタキャンされた!その理由や対処法を徹底解説

今回は、マッチングアプリでせっかくのデートを約束したのにドタキャンやブロックをされてしまう理由や対処法を詳しく解説していきます。

本記事の内容
  • マッチングアプリでデートのドタキャンはある?
  • マッチングアプリでデートのドタキャンをされる理由
  • マッチングアプリでデートのドタキャンされた時の対処法

執筆者情報

ではさっそく内容に入っていきましょう!

下記の記事ではおすすめのマッチングアプリについて詳しく解説をしていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

マッチングアプリでデートのドタキャンはあるのか?

結論から言うと、マッチングアプリでマッチをしてなんとか漕ぎ着けたデートの約束をいきなりドタキャンされることは実際にあります。

特に、カジュアル系(Tinderなど)のラフに出会えるマッチングアプリを利用している場合は特に頻繁しているようです。

しっかりと連絡がきて理由を伝えられればまだ良いのですが、いきなりブロックをされたり音信不通になってしまうケースもあるので適切に対処していかなければなりません。

デートのドタキャンとは何日前から?

マッチングアプリに限らず、連絡なしでデートのキャンセルは非常に相手にとって失礼な行為です。

いくらアプリ上の出会いだとしても人として信頼を無くす行為ですので絶対にやめましょうね!

しかし、自分の思うドタキャンと相手の思うドタキャンの認識の違いがあることがトラブルのもとになっていることが多いのです。

一般的にデートや約束のドタキャンは「約束日の3日前〜当日」とされていることが多いです。

マッチングアプリでの出会いは現実世界とやはり感覚が異なってしまい、デート直前にキャンセルしても良いと勝手に考えてしまっている人も存在しますので注意をしましょう。

デートのドタキャンをされたら脈無しなのか?

デートのドタキャンのされ方によって脈無しかどうかを判断することができますので、しっかりと受け止めて深追いをしないようにすることが大切です。

結論を言うと、ブロックをされていなかったり連絡がしっかりと取れている場合はまだ脈が残っています。

逆に言うと、音信不通となったりマッチングアプリをすでに退会してしまっている場合は脈無しですのでスッパリと切り替えて次を探す方が賢明ですね。

脈アリの場合は相手からの謝罪の言葉があったり次のデートの予定の代替案を提案してくれるはずですので、興味のある相手であるならば復活する可能性は高いです。

次のデートの約束をして次はこのようなことがないようにしてもらうようにしましょう。

そもそも脈無しのドタキャンパターンの場合は人間性として好ましくないので付き合ったとしても幸せになれませんよ!

デートのドタキャンをされにくいマッチングアプリについては下記の記事で詳しく解説をしていますので参考にしてみてくださいね。

マッチングアプリでデートのドタキャンをされてしまう3つの理由

マッチングアプリでデートの予定をドタキャンされてしまう代表的な理由は以下の3つです。

ドタキャンをされてしまう3つの理由
  • デートの約束から当日までの期間が長い
  • 相手の急な体調不良や仕事の予定
  • 実は既婚者や交際相手がいる

それぞれ詳しく解説をしていきます!

1.デートの約束から当日までの期間が長い

デートをドタキャンされてしまう一番の理由は「デートの約束からデート当日までの期間が長い」ことにあります。

どうしてもデートまでの期間が空いてしまうと感情の変化があったり、その間に良い相手が見つかってしまうなどのリスクが伴ってしまいます。

デートの約束をするときには少なくとも1週間以内で予定を立てられるように誘導する必要があります。

お互いに忙しかったり予定がなかなか合わせることができないと1ヶ月程度の期間が空いてしまうのは仕方ないかもしれません。

しかし、1ヶ月も先の予定や気持ちの変化はお互いに知ることができないので結果的に当日や前日にドタキャンされてしまう…という事態が発生してしまうのです。

どうしても会ってみたい!と思う相手だとしたら無理矢理にでも予定を開けてなるべく早い段階でのデート日を予定することがマッチングアプリでドタキャンされないコツでもありますね。

2.相手の急な体調不良や仕事の予定

これは仕方ない理由となってしまうのですが、相手が急に体調不良となったりどうしても外せない仕事の予定が入ってきてしまう場合にドタキャンをされてしまうことがあります。

当日の体調などは気をつけていても防げない場合がありますよね。

あまり体調不良の経験がない人だと「こちらはしっかりと予定を空けているのだから体調管理をしてほしい」「少し無理してでもきてほしい」と感じる場面かもしれません。

しかし、体調不良や仕事の理由でドタキャンとなってしまった場合にしっかりと連絡をしてドタキャンとなった場合はあまり相手を責めすぎないことも大切です。

好意がある相手であってもここで感情的に怒ってしまうと脈無しとなる可能性があるので気をつけましょう。

3.実は既婚者や交際相手がいる

かなり相手の都合に振り回されてしまう理由の1つが「実は既婚者がいたり交際相手が存在する」というものです。

理解するのに苦しむかもしれませんが、マッチングアプリの利用が交際相手にバレてしまったりした場合にドタキャンとなるケースが多いです。

ドタキャンされる可能性が高い相手の特徴ですので、ドタキャンのリスクを抑えるならば最初から相手にしない方が賢明です。

もちろん、相手から知らされなかった場合は対処する方法はないのですが気をつけておくと良いですね。

以上がマッチングアプリでドタキャンをされてしまう3つの理由の紹介でした。

マッチングアプリでデートのドタキャンをされないコツ

マッチングアプリでデートのドタキャンをされないコツを最後に紹介していきたいと思います。

ドタキャンをされないコツ
  • デートまでの期間を空けすぎない
  • 事前に信頼関係を構築しておく
  • 信頼できない相手とは約束しない

それぞれ詳しく解説をしていきます!

1.デートまでの期間を空けすぎない

デートまでの期間は先ほども解説をした通り、なんとしてでも1週間以内の約束をするようにしましょう。

相手の気持ちが変わってしまわないようにすることが重要です!

かといって当日の予定などを提案すると相手から不信に思われてしまう可能性もあるので3日後などがちょうど良いですね。

どうしても気になる相手の場合はドタキャンされないためにも少し無理をしてでも自分が予定を合わせる!くらいの気持ちがないとドタキャンに繋がるので気を付けましょう。

あくまでもマッチングアプリでの出会いですので複数人の異性と連絡を同時進行でとっている可能性があることを忘れないようにしてくださいね。

2.事前に信頼関係を構築しておく

連絡をとっている段階できちんと信頼関係を構築することを意識しましょう。

当たり前かもしれませんが、デートをするにはお互いがしっかりと相手のことを思いやって予定を空けなければ実現することができません。

デートをする前の連絡段階が適当な感じであるとその程度の関係しか構築することができないので結果的にデートのドタキャンにも罪悪感を感じずドタキャンをされてしまいます。

逆に相手にも信頼されるような言動を心がけるようにしましょう。

3.信頼できない相手とは約束しない

少し極端かもしれませんが、連絡段階で信頼できないなと思った相手とはデートの約束をしない方が賢明です。

デートの約束をしない方が良い相手
  • 気分の浮き沈みが激しい
  • 連絡がこまめでない
  • 他の異性と交際している可能性がある

特に気分の浮き沈みが激しい相手とデートの約束をしてしまうと、簡単にデートのドタキャンをされてしまってあなたの時間を無駄にしてしまう可能性が高いです。

また、連絡も気まぐれに返信をしてくるような感じであると会う直前に連絡が取れないなどの事態が発生することは目に見えていますので気をつけるようにしましょう。

以上がマッチングアプリでデートのドタキャンをされないようにする工夫の解説でした。ネットでの出会いだからこそ慎重に相手を見極めることが大切ですね。

まとめ:ドタキャンをされないために工夫をしよう

今回はマッチングアプリでドタキャンをされてしまう理由とそうならないためのコツを詳しく解説をしました。

ドタキャンをされてしまう3つの理由
  • デートの約束から当日までの期間が長い
  • 相手の急な体調不良や仕事の予定
  • 実は既婚者や交際相手がいる

デートをドタキャンされてしまう代表的な理由は以上の通りでしたね。特にデートまでの期間が長いとドタキャンされる確率は大幅にアップしてしまうので注意をするようにしましょう。

正直、ドタキャンは人間として良くない行動ですがマッチングアプリだからこそ適当に考えている人も多いが現状となってします。

しっかりとデートまでに信頼関係を構築するようにしていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる