無料登録しなきゃ損?!恋愛占いのディステニー

【既婚者の5割が思っている?】結婚をして後悔してしまう理由8選を紹介

今回は、結婚をして後悔をしてしまっている人の理由を紹介していきます。

本記事の内容
  • 結婚をして後悔をしてしまう理由8選

執筆者情報

実はせっかく幸せな結婚をしたと思っていても既婚者の5割は結婚をしたことに後悔をしたことがあると感じているのです。

5割となると決して少なくない数字であると言えますので今回は結婚をして後悔をしてしまう理由について詳しく紹介をしていきたいと思います。

現在結婚を視野に入れている方もぜひ参考にして「後悔のない結婚」をできるようにして頂ければ幸いです。

もちろん結婚にはある程度の勢いは必要な時もありますが、よくよく考えて結婚をして幸せな生活手に入れていくことをおすすめします。

ではさっそく内容に入っていきましょう!

あなたの恋愛偏差値を無料で診断中!

恋愛/婚活プロのインフルエンサーのノウハウを提供し、業界最大級の70,000人と出会えるナレソメ予備校

\ あなたの結婚偏差値はどれくらい?/

目次

結婚をして後悔をしてしまう理由10選

結婚を後悔していると感じている人の多くに当てはまる理由や原因をここでは詳しく紹介をしていきます。

現在は感じていないことであっても、「結婚後に強く悩んでしまうこと」というのはどうしても付き物です。

実際に結婚をしてみないとわからないことは本当に多いですよ!

具体的に結婚を後悔してしまう理由は以下の通りとなっています。

結婚を後悔してしまう理由8選
  • 自分の時間が想像以上に少ない
  • 収入が少なくて大変
  • パートナーが結婚生活に非協力的
  • 相手の両親とうまくいかない
  • パートナーとの価値観の違いがある
  • 結婚後にパートナーの性格が変わった
  • 子育てが忙しすぎる
  • 一生この生活が続いてしまうのかと思ってしまう

結婚を後悔してしまう理由としてさまざまなものが挙げられますが、特に多いのがこれらの理由となっています。

これから結婚を控えている人はもう一度考え直すチャンスでもありますので参考にして頂ければと思います。

それぞれ具体的にみていきましょう。

1.自分の時間が想像以上に少ない

結婚をすると自分自身に使える時間が想像以上に少なくなってしまうと感じてしまう人は多いです。

共同生活となりますので、仕事や子育てなどをしっかりとこなした上であってもあまり遊びにいくことができる状況とはなりにくい傾向があります。

結婚生活前は友人と夜まで飲み会をしていたり、趣味の時間をしっかりと作ることができていた人は自分の時間がなくなってしまうことにストレスを感じやすいです。

そのような人が結婚を後悔していると感じてしまっているのが現状となっています。

2.収入が少なくて大変

結婚生活を営んでいく上で、お互いの収入が少ないのはかなりストレスに感じます。

特に子育てにはかなりの金額が必要となってきますので、十分な資金がない状態で子育てをすることになってしまった人は結婚すらも後悔をしてしまいます。

せっかく可愛い子供を授かったのにも関わらず、収入の低さゆえにストレスを抱えてしまう原因となってしまうことは間違いないです。

ただでさえ子育てには手間がかかるのに、さらに収入が少ないことで節約生活を余儀なくされてしまう夫婦は少なくありませんよ。

安定した収入は結婚生活を送る上でかなり大切な要素になります!

3.パートナーが結婚生活に非協力的

パートナーが結婚生活に非協力的な場合は共同生活にストレスをかなり感じてしまい、「1人で生きていく方が楽なのではないか?」と思うようになります。

今までは1人暮らしであった場合は自分のことだけをしていればよかったものの、パートナーの分の家事などもしなくてはいけなくなった時は辛く感じるでしょう。

また、子育てにもそれが顕著に現れてしまってとても大変な思いをした時に結婚を後悔してしまうものです。

4.相手の両親とうまくいかない

相手の両親と考えが合わずに会うのも億劫であると感じてしまうと、いちいち元旦などのイベントごとに憂鬱な気持ちとなってしまい後悔をしたと感じてしまいます。

特に嫁姑の関係はとても難しく、うまくいっていない人の割合がとても多いのが現状にもあります。

本当は助けてもらったら気も楽になるところを、頼る先が自分の両親だけとなってしまうとストレスを感じてしまうことでしょう。

相手の実家に居づらいと感じてしまうと自然とパートナーの行動も気になるようになり、より憂鬱な気持ちになってしまうのが厄介なところです。

5.パートナーとの価値観の違いがある

もちろん相手との多少の価値観のずれはありますが、結婚をしていつも一緒にいると「あまりにも価値観が違う」という壁にぶつかることがあります。

例えば、お金の使い方などが顕著に現れる傾向にありお互いの意見がぶつかるごとに今後に不安を抱いてしまいます。

結婚する前に最低限の価値観のすり合わせをしておかなければ予期せぬ場面で喧嘩や最悪の場合は離婚をしてしまうということもあり得ますので注意をしておきたいところですね。

6.結婚後にパートナーの性格が変わった

結婚をして安心してしまったのか、急に相手の性格が変わってしまいあなたがパートナーのことを好きでなくなると結婚を後悔してしまいます。

結婚もそうですが、付き合ってからいきなり態度が変わってしまう人は一定数存在しますよね。

もちろん安心感があるというのはとても良いことですが、釣った魚に餌をやらないという態度を取られてしまうと結婚を後悔してしまう原因となってしまいます。

一緒に長くいることで相手の本質が見えてきてしまって気持ちが萎えてしまうというのはとても辛いことです。

7.子育てが忙しすぎる

結婚後に大きく変わる可能性があるのは子育ての有無ですね。

特に初めての経験であるというのもあって慣れない部分や戸惑ってしまう部分が多い中、子育てにストレスを感じて鬱になってしまう人もいるほどです。

また、子育てに対してパートナーが協力的でないと「なんで自分一人で頑張っているんだろう」という感情も生まれてきてしまって結婚を後悔してしまう原因になってしまいます。

8.一生この生活が続いてしまうのかと思ってしまう

一度相手のあまりにも許せない部分を発見してしまったり、経済的な理由で「一生この生活が続いてしまうのか」と考えてしまった時に結婚を後悔してしまう人は多いです。

想像していた結婚生活と現実のギャップがあまりにも乖離をしていることに気づいてしまったらどんどん気持ちも病んでいってしまって辛く感じることでしょう。

何か変えられる部分があればしっかりと原因と解決策を考えて対処していくことが大切なのは頭でわかっているけれども実際はそう簡単にいくものではないので余計に辛く感じてしまいます。

以上が結婚をして後悔をしてしまう理由の紹介でした。

まとめ:結婚に後悔をしたらまずは相談をしよう

今回は結婚したことに対して後悔をしてしまう理由について詳しく解説をしてきました。

具体的な理由は以下の通りでしたね。

結婚を後悔してしまう理由8選
  • 自分の時間が想像以上に少ない
  • 収入が少なくて大変
  • パートナーが結婚生活に非協力的
  • 相手の両親とうまくいかない
  • パートナーとの価値観の違いがある
  • 結婚後にパートナーの性格が変わった
  • 子育てが忙しすぎる
  • 一生この生活が続いてしまうのかと思ってしまう

幸せになるために結婚をしたはずなのに理想と現実のギャップにやられてしまって後悔してしまう人が多いのはとても悲しいことではありますが、上手にやっている人ももちろんたくさんいます。

もし、どうしても人に話したいと感じたら以下のサービスで解決の糸口を発見できるかもしれないのでぜひ試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる