無料登録しなきゃ損?!恋愛占いのディステニー

50代のためのマッチングアプリ『華の会メール』とは?

50代でも恋がしたい!

結婚というより恋がしたい!

という50代の男女のために、利用者の約半数が50代以上のマッチングアプリ『華の会メール』をご紹介します!

本記事の内容
  • 華の会メールとは
  • 利用料金は?
  • 華の会メールで出会うコツは?

執筆者情報

ではさっそく内容に入っていきましょう!

目次

マッチングアプリ「華の会メール」とは?

華の会メール」とは、50代以上のユーザーが半数を占める、大人の恋愛専用のマッチングアプリです。

普通のマッチングアプリだと、年齢のせいかマッチしずらい

という50代の方でも、華の会であれば年齢を気にする事なく、ガッツリ出会える可能性が高いです!

ユーザーは半分が50代以上

ユーザーの割合はこの表のようになっています。

スクロールできます
年齢割合
30代25%
40代22%
50代30%
60代13%
70代以上10%
華の会ユーザー層

30代〜40代が半分、50代以上がもう半分という割合です。

これなら、50代でも気兼ねなくマッチングアプリに集中できますよね。

既婚者でも利用可能

華の会は、結婚相談所ではないので、既婚者であっても登録可能です。

恋人を探すためだけでなく、趣味の友人を探したり、近所の友達を探したり。

色々な目的で利用されているのも特徴の一つ。

結婚を前提としたお付き合いをしたいという方には向かないかもしれません!

結婚がしたい!という方はこちらの記事で紹介しているマッチングアプリのように利用できる結婚相談所がおすすめです!

華の会メールの男女比は?

マッチングアプリで大切なのが男女比ですよね。

男性だけに偏っていては出会いが少なくなってしまいます。

華の会メールHPより男女比

ご覧の通り、華の会の男女比は約7:3となっています。

男性の方が多いですが、女性のユーザーもしっかりいるのが分かります。

女性が利用すれば、人気会員になるのも夢じゃなさそうです。

華の会メールの利用料金

華の会メールは、他のマッチングアプリと同様に、男性は有料・女性は無料で利用する事ができます。

消費ポイント

男性はポイント消費制

男性は1ポイントを10円で購入し、色々な機能を使うと、その度にポイントを消費する仕組みになっています。

ポイントの消費項目はこちらの表です。

スクロールできます
男性の利用ポイント
掲示板に投稿する10points
掲示板を見る2points
メールを送信する10points
メールを受信する0point
メールを見る2points
送信メールの既読チェック20points
プロフィールを見る2points
プロフィールの変更0point
画像を見る6points
足跡履歴の削除2points
ピックアップ枠への掲載30日間で10points
利用ポイント一覧

一番ポイントを消費する送信メールの既読チェックで20ポイント。つまり200円です。

通常のマッチングアプリは月々4,000円が相場ですので、華の会もある程度利用すれば相場と同じくらいの費用はかかります。

50代で多少恋愛にお金をかけても良いかな〜なんて思っていた人にとっては、かなり安い印象だと思います。

初回登録時はサービス有り

男性も初回登録時は、1,500円分のポイントが無料で付与されます。

無料体験期間だと思って、色んな機能を試してみましょう。

1,500円分のポイントではまだ物足りない、もっと使いたい!と思えたら課金すれば良いでしょう。

他のマッチングアプリには無料体験はあまりないので、ありがたいサービスです。

50代が華の会で出会うコツ

ここからは、華の会メールで出会うためのコツをご紹介します。

プロフィール画像が大切

マッチングアプリ全般に言える事ですが、プロフィール画像が一番大切です。

顔が見えない、分かりにくい画像だと、ほぼマッチしないと言って良いでしょう。

プロフィール画像にすべき画像のポイントはこちら

プロフ画像のポイント
  • 清潔感がある
  • 他人が撮った写真
  • 顔がはっきり写っている

プロフィールの写真は、清潔感がある画像を選びましょう

髭が生えていたり、寝癖が付いているような画像はNGです。

50代であれば、バリバリのビジネスマンの方も多いはずです。

スーツをばっちりと着こなしている姿をプロフィール画像にするのも良いでしょう。

次に、他人に撮ってもらった画像を使うようにしましょう

自撮りの画像をプロフィールにするのはおすすめしません。

自撮りでは写りが良くないパターンが多いのと、男性の場合はナルシストに見えてしまうからです。

そして最後に、顔がはっきりと写っている写真を選びましょう。

恥ずかしがって、横顔だけを載せていたり、顔が隠れていたりすると、ほぼマッチしません。

やはり顔をしっかりと載せることで、相手に本気度も伝わりやすいですからね。

プロフィール文は充実させる

プロフィールの文章はしっかりと書きましょう。

華の会メールに対してどれだけ真剣に向き合っているかが、プロフィール文のボリュームで分かります。

自分の趣味や休日の過ごし方など、相手に自分の人物像が伝わるような内容にしましょう。

良いプロフィール例

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。
私は新しい恋人を見つけるために、華の会メールに登録しました。
都内在住で、普段はIT企業で役員をしています。
休日は、近所にある公園をランニングしたり、カフェで読書をしています。
趣味で茶道の教室に通っています。まだ私も初心者なので、恋人ができたら一緒に茶道を習ったりしたいと思っています。
まずはメッセージでお互いを知った後、レストランで食事に行きたいです。
メッセージお待ちしております。

悪いプロフィール例

こんにちは。休日はいつもNetflix。
暇なので初めてみました。
お願いします。

やはり文章が長い方が、誠実そうな感じが伝わってきますよね。

短文だと、どうしても適当な雰囲気が出てしまいます。

他の異性と比べられた時に、あまりにもプロフィールの文章が雑だと、いいねをもらえない可能性が上がります。

少しでも長く丁寧な文章にしましょう。

質より量を重視する

初めのうちは、できるだけ多くの人にコンタクトを取るようにしましょう。

最初から選りすぐっていると、ほとんどマッチングせずに終わってしまう可能性もあります。

多くの人とメッセージをする中で、なんか感性が会うな〜と思える人がちらほら出てきます。

そうしたら、その人とだけメッセージをするようにすればOKです。

まずは、多くの人とメッセージを重ね、マッチングアプリ上での会話に慣れていきましょう。

すぐに会おうとしない

マッチングアプリなどのネット上の出会いには、多少のリスクが付き物です。

特に女性の場合は、男性よりも警戒心が強い人が多いです。

なので男性側がマッチングしてすぐに会おうとすると、拒絶されてしまう可能性が高いです。

どんなに早くても1週間は連絡を取り合ってから、デートに誘うようにしましょう。

業者っぽい人はすぐに切り捨てる

マッチングアプリの世界には、業者のような何かしらの意図を持ったユーザーも混ざっています。

それは、華の会メールも例外ではありません。

そんな業者とのメッセージに付き合ってしまうと、時間を無駄にしてしまう可能性が高いです。

メッセージをする中で、なんだか違和感がある・変な勧誘をされたなどがあったら、すぐに連絡をやめましょう。

運営に通報する機能もあるので、異変を感じた場合はすぐ通報しましょう。

まとめ

50代でも出会えるマッチングアプリ「華の会メール」をご紹介しました。

50代でもまだまだ恋愛がしたい!という人には最適なサービスになっているので、お試しください!

ここまでご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる