無料登録しなきゃ損?!恋愛占いのディステニー

【上司に気に入られる方法10選】出世するためには知らなきゃヤバい!

今回は、上司に気に入られる方法を紹介していきます!スピード出世するためにしっかりと本記事を最後まで読んで学んでくださいね。

本記事の内容
  • 上司に気に入られる方法10選

執筆者情報

ではさっそく内容に入っていきましょう!

目次

上司に気に入られる方法10選

上司に気に入られる方法1:まずは自分で考える癖をつける

上司に気に入られるためには、まずは何事も自分で考えるクセをつけましょう。上司は基本的に忙しいです。そんな上司に考えればすぐ分かるような内容を質問していたら、徐々に上司はあなたを無能だなと思うようになります。

一度無能の烙印を押されてしまうと、払拭するのはかなり難しいです。まずは自分の頭でしっかり考えて、上司に無能だと思われるのを防ぎましょう。

上司に気に入られる方法2:質問する時は、自分の考えも伝える

上司に気に入られる人と、嫌われる人の大きな違いは、質問の仕方にあります。気に入られる人は、質問する時に、必ず自分の考えを添えています。

例えば「私はA案の方が会社の方針に沿っていると思うのですが、A案で進めてもよろしいでしょうか?」

この質問の仕方であれば、上司も「うん。いいよ。」と短い返事で済ませられます。一方、もし自分の考えを添えずに質問してしまうと「A案とB案とC案、どれにすればよろしいでしょうか?」

と聞くと上司は「えーっと、今季の会社の方針から行くとA案が良いだろうから、A案にしよう」という風に、上司に決定を丸投げしてしまいます。これではあなたが存在する意味がなくなってしまいます。

自分の頭でしっかりと考える習慣を身につけている人であれば、質問の内容も自然と変わってくるもの。上司の手間を増やさない質問の方法を考えて実行するようにしましょう。

上司に気に入られる方法3:朝の挨拶は目を見てしっかりと声を出す

コミニュケーションの基本は挨拶です。上司と毎朝する挨拶が、段々雑になっている人も多いのではないでしょうか。ただの挨拶、されど挨拶です。毎朝しっかりと上司の目を見てはっきりと挨拶することで、上司も気持ちよく感じます。

気持ち良い挨拶が交わされれば、そこから上司が何か話題を振ってくれる可能性もあります。そうしたら、上司に気に入られるチャンス到来です。しっかりと会話を交わして上司に気に入られるようにしましょう。

上司に気に入られる方法4:上司が喜ぶプレゼントを贈る

上司も人間です。自分の好きなものをプレゼントされると、やはり嬉しいもの。日頃の会話の中で上司の好きなものを把握したら、タイミングを見てプレゼントするようにしましょう。お中元などを贈るのも良い方法です。

ビール好きの上司であれば、毎年1回くらいはお歳暮としてビールを贈るのも良いでしょう。また、上司に子供が産まれたなら、子供グッズを贈っても喜ばれるはずです。

プレゼントを貰うと、心理学的に返報性の原理が働き、上司も部下に対して何かお返しをしなくてはならない気持ちになります。そんな時、人事評価を付けるタイミングが来たら、きっとあなたに対して良い評価をしてくれる事でしょう。

上司に気に入られる方法5:誕生日をお祝いする

上司くらいの年齢になってくると、誕生日を祝ってもらう機会はかなり少なくなります。特に上司が男性の場合は、誕生日を多くの人に祝ってもらうなんてことはまずないと言って良いでしょう。

そんな中、部下であるあなたが毎年上司の誕生日をしっかりと覚えておいて、ささやかなお祝いをしてあげたら、照れながらも必ず上司は喜びます。誕生日を祝ってもらって不快になる人間なんてきっとこの世に存在しません。

周りから見たら上司にゴマ擦ってるなと思われるかもしれませんが、それでも問題ありません。誕生日を祝うことは人として正当なことですから、遠慮せず、上司に喜んでもらいましょう。

上司に気に入られる方法6:上司の考えに沿った行動をする

上司は、常に多くの部下を抱えています。その部下がどれだけ自分の方針に従って行動し、効率よく結果を出すかが上司にとって最大の関心事項です。部下の中に、上司の考え方とは全く違う方法で仕事をしている人がいたら、それはやはり気に入りません。

たとえその方法で結果を出していたとしても、上司としては面白くありませんよね。上司に気に入られるためには、まずは上司の考えをしっかりと理解し、上司の考え方に沿った行動を取るようにしましょう。

そうすれば、たとえその方法で結果が出なかったとしても、上司からしたら自分の方法を貫いてくれている部下が可愛く見えますよね。

上司に気に入られる方法7:感謝の気持ちを言葉や行動で表す

仕事をしていく中で、上司に助けられる瞬間はたくさんあると思います。そんな時、しっかりと「ありがとうございます」と感謝の言葉を伝えられていますか?上司としても、しっかりとありがとうと言っていくれる部下は可愛く見えます。

他にも、飲み会などで上司が奢ってくれたら、その場でありがとうございますを言うだけでなく、次の日会社で会ったら、「昨日はごちそうさまでした」と、次の日もしっかりとお礼を言いましょう。それだけでも上司からの印象は大幅にUPします。

上司に気に入られる方法8:同僚より少し早く出社する

同僚よりも少し早く出社して仕事の準備をすると、それだけで上司に対して仕事のやる気をアピールできます。上司は意外とそういう細かい部分を見ているものです。

早く出社する以外にも、様々な行動で上司に対して自分のやる気を見せつけるのは良いことです。会議で積極的に発言してみたり、新しい企画を自分から提案してみたり。結果を出すのが一番ですが、それ以外の部分でも上司にアピールする事は可能です。

上司に気に入られる方法9:自分から飲み会に誘う

仕事終わりに飲み会に行くのが好きな上司の場合、いつも自分から部下を誘うと、本当は一緒に飲みに行くのが嫌なんじゃないかと思うことがあります。部下に気を遣わせているのではと上司も気にするんですね。

そんな時、部下から「今日はぜひ行きましょう!」などと誘ってくれると、上司としてもかなり嬉しい気持ちになりますよね。そして飲みニュケーションでより親睦を深めれば、上司に気に入られる事間違いなしです。

上司に気に入られる方法10:上司みたいになりたいと、ストレートに伝える

上司に気に入られる方法のラストは、「上司みたいになりたいんです!」とストレートに上司に伝える方法です。この方法は、ストレートすぎかと思われがちですが、実はかなり効果的です。

人間は常に人に憧れられたいと思っているもの。上司も人間ですから、常に部下からの憧れの視線を感じていたいものです。そんな時、部下が「上司みたいになりたい」と言ってくれれば、間違いなくその部下を可愛がり、アドバイスを贈ることでしょう。

シラフの状態でいうのは気はづかしい部分があるので、飲みの席などで伝えると良いでしょう。

まとめ:上司に気に入られることが出世に大事

今回は上司に気に入られる方法について紹介をしました。スピード出世をするにはまずは上司に気に入られることが大切です!

コツコツ信頼度を高めていきましょう!

こちらの記事で会社で人気者になる方法紹介していますので参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる